FJメディケアグループ

FJメディケアグループは、医療法人聖仁会と社会福祉法人双和会とで構成されています。

ご相談・お問い合わせ… メールでのお問い合わせ

求人情報


理事長ひとりごと

2016.07.20

永六輔さんを偲んで

永さんには平成8年から約10年間にわたり、毎年おいでいただき、講演会やバラエティーショーなどをしていただいた。

また私が書いた本の帯の文章も快く書いてくださった。私が当時はまだ少なかった在宅医療をしていたことの応援の意味もあったのだと思うが、それにしても難儀な依頼に対しての帯文は超多忙な中での作業で、今さらながら感謝に堪えない。

永さんとの交流の中で忘れられないエピソードをいくつか書こう。はじめてお招きしたトークショーは平成8年10月30日、場所は三国文化未来館。観衆の前で永さんが突然「藤井さん、癒しの丘という名称は変えたほうがいいんじゃないの」。新たに建てる老人保健施設を私は「東尋坊・癒しの丘」にしようと永さんにも話しており、「癒し」をテーマに建設しようと思っていた。その名称で県の健康福祉課にも書類を提出していたので、いきなりの発言に驚いた。理由は「癒し」は普通の人は「卑しい」を連想するからとのこと。たしかにそう聞こえるかもしれない。そして「もっと親しみのある名がいいですよ」とヒントをいただいた。

庶民感覚を熟知している永さんからのアドバイスを活かし、熟慮の末「東尋坊ひまわりの丘」と名称を変更した。

ひまわりはそのトークショーが開催される直前の10月6日に急逝した父が好きだった花だ。それで建物内部は「癒し」をテーマにし、外装は「ひまわり」をイメージした黄色、茶色、緑の色遣いにした。

そして翌年の平成9年1月に建設が始まり、10月20日に「老人保健施設・東尋坊ひまわりの丘」が開設となった。私が建てた初めての介護施設は今も地域住民から「ひまわり」と呼ばれ親しまれている。

建設当時、「周囲にひまわりなんかどこにも咲いていない」と言われていたが、10年くらい前から夏になると近くの休耕畑に見渡す限りひまわりが咲く場所ができて、多くの人たちが訪れる観光スポットとなっている。

 

 

永さんが初めてお会いした日に、私の自宅の柱に書いてくれた言葉です。

 

 

生きているということは

誰かに借りをつくること

生きてゆくということは

その借りを返してゆくこと

 

その言葉を実践していきたいと思います。

 7月7日に永さん逝去の報あり。ご冥福をお祈りします。


ふくい介護人材育成宣言事業所

ふくい女性活躍推進企業

ブログ新着

ブログ一覧をみる

理事長挨拶

理事長挨拶

詳しく見る

入居者の声

東尋坊ロイヤルハイツ入居者の声をご紹介します。

入居、リクルート、その他、お気軽にお問い合わせください。

各施設のご利用料金を詳しくご紹介します。

FJメディケア沿革

設立から現在までの、グループ全体のあゆみをご紹介します。

沿革をみる

情報公開

■社会福祉法人 双和会の決算報告

決算報告

■社会福祉法人現況報告書

社会福祉法人現況報告書

■社会福祉法人 双和会 役員報酬規程

役員報酬規程

■社会福祉法人 双和会 定款

定款

■社会福祉法人 双和会 役員名簿

役員名簿


FJメディケアグループ

医療法人 聖仁会・社会福祉法人 双和会

Copyright© 2013 - 2017 FJ Medicare. All Rights Reserved.