FJメディケアグループ

FJメディケアグループは、医療法人聖仁会と社会福祉法人双和会とで構成されています。

ご相談・お問い合わせ… メールでのお問い合わせ


理事長ひとりごと

2014.03.01

高齢者施設の匂い

施設を訪れるとき、まず初めに感じるのが匂いです。その匂いで施設の印象がいいものかどうか深層心理に影響をします。ちなみに、嗅覚は一番原始的な感覚と言われていますが、施設の優劣をきめるのに、嗅覚の印象が最も正しい判断につながるものと思っています。

 

その理由に言及しますが、やや自慢話めいてしまうので、ご容赦ください。

うちのグループでは来訪者もその匂いが少ないのに驚かれるようです。

匂いに関する感覚、つまり嗅覚はずっとその環境にいると馴れてしまうので、働く職員や入所者より、外からの訪問者が最初に感じる感覚が正しいと言えます。

消臭剤などで匂いを消すということも可能ですが、施設全体のこびりついたような匂いは消臭剤だけで消えるものではありませんし、仮にそれを使用するとなると莫大なコストがかさみます。なので、消臭スプレーなどはピンポイントで使用すべきでしょう。

 

以前は施設の匂い対策は尿や便の匂いがメインでした。

入所者の定期的な排便、排尿。時間的なトイレ誘導。あるいは適正で適時のおむつ交換など。さらには自立支援に基づいたオムツはずし運動などにより、尿や便の匂いの軽減につながっています。

また、口腔ケアがうまくいっていると口腔内の饐えた・酸っぱいような匂いは少なくなります。それがひいては肺炎の予防にもつながっています。

もちろん加齢による体臭などは定期的な入浴や十分な洗髪、洗体が必要ですし、適宜の清拭でも軽減できます。また、衣類を清潔に保つことや更衣も重要なことです。

はたまた、部屋の換気も、おろそかにはできません。

 

以上はソフト面の努力に言及しましたが、施設のハード面にも工夫は必要です。

材質が木材のほうが匂いを吸収するので、いいですし、壁紙の材質にも消臭効果があるものも出ています。また先にあげた換気をしやすい設計や、トイレなどでは掃除がしやすい設計ということもあげられます。

このように日常の多くのたゆまぬ努力によって、匂いは少なくなっていきます。

 

一朝一夕で匂いが消えるものではなく、オーナーをはじめとする職員の努力によってなしえるものであり、その取り組む姿勢が前向きな明るい雰囲気になっています。

なので、匂いは雰囲気にも密接につながるものです。

どうせ働くならいい匂いのする、いい雰囲気の場所で職員も働きたいと思うでしょうし、利用する人もそこに入所したいと思うはずです。

以上が、施設の優劣を決める判断基準の最たるものとして私は「匂い」をあげた理由です。

 


リクルートサイト

ブログ新着

ブログ一覧をみる

理事長挨拶

理事長挨拶

詳しく見る

入居者の声

東尋坊ロイヤルハイツ入居者の声をご紹介します。

入居、リクルート、その他、お気軽にお問い合わせください。

FJメディケア沿革

設立から現在までの、グループ全体のあゆみをご紹介します。

沿革をみる

情報公開

■社会福祉法人 双和会
決算報告

決算報告

■社会福祉法人
現況報告書

社会福祉法人現況報告書

■社会福祉法人 双和会
役員報酬規程

役員報酬規程

■社会福祉法人 双和会
定款

定款

■社会福祉法人 双和会
役員名簿

役員名簿


FJメディケアグループ

医療法人 聖仁会・社会福祉法人 双和会

Copyright© 2013 - 2020 FJ Medicare. All Rights Reserved.