MENU

FJメディケアグループ

エントリー

VOICE OF STAFF

先輩職員の声

幼い頃の自分の後悔がきっかけ

介護支援専門員 小松

介護支援専門員 小松 友紀(H18.4.1入社)

東尋坊ひまわりの丘

 福祉系以外の大学から福祉の道へ進んだのは、「認知症で私のことがわからなくなった祖母を受け入れられなかった」という幼い頃の自分の後悔がきっかけでした。

 介護職として就職し、先輩や利用者の方々から介護や福祉の理念、技術を学び、介護福祉士を取得できました。その後、施設相談員となり、地域のサロンや勉強会に出向き、地域の方々に健康維持や介護予防について周知する仕事にも携わるようになりました。

 ケアマネジャーの資格をとった現在は、居宅介護支援事業所で、自宅で生活する方々を担当しています。突然始まった介護や認知症の症状をなかなか受け入れられない家族には、私も同じだったということを伝え、一緒に考えていきましょうと声をかけています。

 地域に出ての活動が増えたことで、地域のケアマネジャー団体の活動への参加や行政機関の会議への出席、県立大学の講義の補助など交流の範囲が広がっています。地域全体の福祉に携わることで、幼かった頃の私のように悲しい思いをする人が一人でも減るように、日々励んでいます。

福利厚生がしっかりしている

介護支援専門員 上田

介護支援専門員 上田 のり子(H21.8.1入社)

ガーデンハイツ

 私がガーデンハイツにケアマネとして入職して8年が経ちました。

 この間、出産、育児、そして私自身の病気治療の間の休職といろいろな事がありました。

 今もこうして働いていられるのは、福利厚生のしっかりしているこのグループだからこそ、そして会社の理解と同僚のフォローのおかげだと思っています。

 「個人の尊厳を重視した、やさしい医療と福祉の提供」この基本理念を元に私たちは日々利用者様が自分らしく、自立した生活が送れるよう支援をさせていただいています。FJメディケアグループは利用者様にやさしいだけでなく、働く私たちにも働きやすい、やさしい制度がたくさんあります。

 一方で仕事に対しては厳しく向き合い、スキルアップを目指しています。

 研修体制が整っており、新人研修はもちろん、リーダー研修や主任研修、外部研修や内部での伝達研修などに参加できる機会が多くあります。

 私は昨年、主任介護支援専門員の研修を受け、今年6月から主任介護支援専門員として働いています。入職してからも、資格取得のための機会や、取得後の活躍の場があるのがFJメディケアグループです。

介護については
知識ゼロからのスタート

介護職 伊藤

介護職 伊藤 真唯(H27.3.10入社)

東尋坊ロイヤルハイツ

 私は東尋坊ハイツに介護職として入職し、3年目を迎えました。元々公務員志望だった私が介護の道を志したのは、非常にやりがいのある仕事だと思ったのはもちろん、祖母と同居しており、お年寄りと接することが好きだったからです。また、まだ私が幼い頃、曾祖母を家で面倒を見ていた時期もあり、介護という仕事に少なからず興味を持っていました。介護については知識ゼロからのスタートで、入職当時は、自立された方の多い東尋坊ハイツのお年寄りとの触れ合いやコミュニケーションの取り方などが難しく、戸惑いの毎日でした。しかし、先輩職員方々のアドバイスや充実した研修によりスキルアップすることが出来、今日に至ります。これからもお年寄りに満足した生活を送ってもらえるよう全力でサポートし、「ここでずっと生活したい」と思ってもらえるような施設作りをしていきたいと思います。

恵まれた環境があるから

介護主任 高橋

介護主任 高橋 裕樹(H12.4.1入社)

スプリングヒルズ

 FJメディケアグループに入社して18年が経ちましたが、日々多くの刺激を受けながら入居者のケアをさせて頂いています。これまで長く仕事が継続出来ているのは信頼できる上司や切磋琢磨し合える仲間がいること・たくさんの研修へ参加できる機会があること・様々な形態の施設や職種を経験できるといった恵まれた環境があるからだと思います。福利厚生の一環で、永年勤続のご褒美として同じ永年勤続を迎えた職員との旅行は何物にも代えがたく、一生の中で忘れることの出来ない記念にもなりました。

 現在はケアハウスでの介護主任業務をさせて頂いています。部署の仲間や他職種との連携を取りながら、入居者の方が1日でも長く自分らしく生活する事が出来るよう努めており、自立支援にも取り組みながら入居者が笑顔で過ごし、職員も笑顔で働き甲斐のある職場となるよう力を合わせてこれからも頑張っていきたいと思っています。

先輩職員方の丁寧な指導

介護職 黒田

介護職 黒田 陽菜子(H29.4.1入社)

東尋坊ひまわりの丘

 私は、事務職として入職しましたが、利用者様とより近くで関わることができる介護という仕事に興味を持ち、現在は介護職として働いています。

 最初は、介護に関する知識や経験がなかったので、とても不安でした。そんな中、利用者様や先輩職員の方々が温かく迎え入れてくれたのが、今も介護職として仕事を続けられている理由の一つです。

 入社して半年がたった今、人生の先輩でもある利用者様への接し方に悩むことも多いですが、「ありがとう」「仕事慣れてきた?」「またよろしくね」など温かいお言葉を頂いたり、笑顔で過ごされている様子を見たりすると、人の役に立てていることの喜びを感じると同時に、さらに皆様を喜ばせたいという気持ちになり今後の仕事への活力に繋がっています。

 先輩職員方の丁寧な指導のおかげで、少しずつ出来る事が増え、今まで以上にやりがいを感じています。今後は、さらなるステップアップと、介護福祉士の資格取得を目指して頑張ります。利用者様により良いケアを提供できるよう、初心を忘れず日々努力していきたいです。

「ありがとう!」がもらえる
素晴らしい職業

介護職 山本

介護職 山本 絵美(H26.1.6入社)

プライムハイツ

 私は、介護職未経験、無資格で、技術や知識もなくゼロの状態で、専門用語や技術はその都度聞いたり、実践を通して確認していく状況でのスタートでした。

 仕事だけでなく、家では妻であり、母であり、主婦である立場から、仕事が終わると、家事や、二人の子供の送迎、休みは学校行事など、毎日がめまぐるしく過ぎています。

 こんな多忙な日々を送っている私でも、入社3年目に介護福祉士の国家資格を取ることができました。家族のサポートはもちろん、上司、職場の皆さんのサポートもあり、早出が終わってから専門学校に通い、職場では喀痰吸引等の研修を受けることができました。正直、家での勉強時間の確保は難しい状況で、本を読む時間もほとんどありませんでしたが、練習問題を解いてみると、以外にも解ける問題が多くあり自分でもびっくりしました。思い返せば、現場で働きながら自然に身についている事が多くあることに気付かされました。それだけ知識・技術面で優れている方々が周りにいる環境だったことに感謝しています。介護職になってよかったと思うことは、上司や職員同士はもとより、利用者様からの「ありがとう!」がもらえる素晴らしい職業だと思っています。

奨学金制度を利用し
国家資格をとることができました

看護職 小西

看護職 小西 彰宏(H20.4.1入社)

ガーデンハイツ

 皆様はじめまして、私は当施設(ガーデンハイツ春江)で看護師をしている、小西彰宏(コニシ アキヒロ)と申します。

 以前は当施設で介護職を5年間していましたが、施設長に看護師になりたい。と希望を出し、FJグループの奨学金制度を利用し資金援助を受け、看護師の国家資格をとることができました。現在は看護師として1年半勤めています。

 この1年半を振り返り、まず驚くのは職員の教育体制の充実ぶりです。看護師になり不安が多くありましたが、施設から無料で数々の外部研修に参加させてもらい多くの学びを得て、スキルアップすることができました。また技術面では、看護師長だけではなく、Drからも直接指導をもらえ、上司の方々がとても身近な存在に感じられるそんな施設だと思っています。

 しかし最もすごいと感じているのは、入所者の方々がとにかく優しく、声を掛けるとすぐ笑顔で返してくれるところです。そして入所者からの「あんちゃん、私の子供みたいや。楽しいわ。」と言われたのがとても嬉しく印象に残っています。

 当施設を一言でいうと職員も利用者も自然と笑顔になれる、優しい福祉施設だと思います。私達はいつでも新しい職員の笑顔を待っていますので、是非当施設の雰囲気を一緒に感じてみてください。

子育てに対する理解や配慮

看護主任 樋田

看護主任 樋田 多恵子(H18.10.10入社)

東尋坊ひまわりの丘

 11年前に看護師としてひまわりの丘に入職しました。幼い子供2人を抱えての仕事は、育児や家事との両立ができるのか不安でいっぱいで、子供が小さいと、仕事を早退したり、休まなければならない事が多く、その度に職場の方に申し訳ないという気持ちでした。そんな私に、みんなが「仕事は大丈夫。お母さんは1人しかいないんだから。」と言ってくださるようなあたたかい職場でした。勤務時間も配慮してくださり、子供との時間もゆっくりとることができました。

 また、これまで県老健症例検討会に3回出場し、最優秀賞をいただき、表彰状をもらいました。現在は介護支援専門員の資格を取得し、プライムハイツで行われている喀痰吸引等研修の講師も兼任しながら、ひまわりの丘の看護主任をさせていただいています。

 能力を伸ばしていけるのも、これまで長年仕事を続けてこられたのも、子育てに対する理解や配慮があってのことだと感謝しています。今までたくさんの方に協力して頂いて働いてこられたので、これからはサポートする側として役に立てたらと思います。

利用者様からの励まし

作業療法士 山﨑

作業療法士 山﨑 真希(H29.4.1入社)

東尋坊ひまわりの丘

 私は、祖母が入院中にリハビリをしていたのを見て、作業療法士という仕事を知りました。リハビリ=専門的な機械を使い、運動をするというイメージでしたが、リハビリに関わる職業の中でも作業療法は、料理や裁縫、工芸などの「作業」を治療に取り入れていることに魅力を感じました。

 就職先を考えた時に、病院より在宅生活を意識した関わりが多い施設で、今後の高齢社会に向けて、お年寄りが住み慣れた地域で生活ができるよう手助けをしていきたいと強く思うようになりました。そんな時、FJメディケアグループでボランティアをしている方からの勧めもあり、また、施設見学の際に先輩職員の方々が丁寧に説明して下さり、雰囲気の良さを感じたため、当グループを志望しました。

 最初は、覚えることも多く、落ち込むこともあったのですが、先輩職員の方々からの熱心なご指導と、利用者様からの励ましもあり、今ではとてもやりがいを感じています。これからは利用者様に信頼して頂けるよう、身体面だけでなくコミュニケーションを通して精神面のケアもしていきたいと思います。

介護に興味があるという
気持ちひとつあれば大丈夫

理学療法士 菅野

理学療法士 菅野 朱理(H23.8.21入社)

ガーデンハイツ

 私は理学療法士として、主にデイサービスにおける機能訓練に携わっています。また、時間があるときは、入所者様の身体状況や機能訓練の確認をしています。

 この施設に来て一番感じたのは、病院でのリハビリテーションをそのまま持ち込んでも良い結果は得られず、普段の座位や臥位などの姿勢が大事であるということです。悪い姿勢は悪循環を生み、良姿勢は好循環を生みます。我々の仕事はその大きな役割を担っています。日々、利用者様を通して勉強させてもらっています。

 当施設は「個人の尊厳を重視したやさしい医療と福祉の提供」を理念に掲げ、オムツゼロ計画などの「自立支援」に力を入れています。介護職を中心にチーム全員で取り組んでいます。

 当施設は施設内外の研修が充実しており、先輩から多くの事を学ぶことができます。介護の知識がない人でも、介護に興味があるという気持ちひとつあれば大丈夫です。ぜひ一緒に働きましょう。

様々な方に対応できる
種別の違う6つの施設

支援相談員 中島

支援相談員 中島 彰友(H24.4.1入社)

東尋坊ひまわりの丘

 入社時、支援相談員を志望していた私でしたが、「まずは介護職として経験を積むことで、相談員に必要な知識を得ることができる」との勧めを受け、介護職として入職しました。その中で、介護に関する知識や他職種との連携の大切さなど、たくさんのことを学ぶことができました。

 約2年半の経験を経て、現在は目標であった支援相談員として務めています。

支援相談員となり、利用者様だけでなく、ご家族や地域の方々と関わる機会が増えました。入所の相談に来られる方は、不安を抱えている方が多くいらっしゃいます。そんな不安や悩んでいる事を親身に聞き、丁寧に説明して、少しでも不安を取り除けるよう心掛けています。

 

 当グループでは、様々な方に対応できるよう種別の違う6つの施設があり、状態に適した施設を提案する事ができます。利用者様やご家族の安心した表情が見れたり感謝の言葉をもらえた時に、この職に就けて良かったなとやりがいを感じます。

 これからも一人でも多くの方の力となれるよう、支援相談員として地域に貢献していきたいです。

働く職員の想いを
形にできる環境

生活相談員 八木

生活相談員 八木 祐一郎(H20.4.1入社)

小規模デイサービス あおぞら

 私は、現在「認知症対応型デイサービス」で生活相談員として介護の仕事に携わっています。子供のころ両親が共働きで祖父母に面倒を見てもらっていました。だから今度は自分が祖父母のようなお年寄りの力になろうと思い、この介護の仕事を志しました。念願かなって働いているこの職場では、利用者様に家庭的で落ち着いた雰囲気の中で過ごして頂くことができ、日々、どうしたら喜んでいただけるかを職員皆で考えて提供させて頂いています。そして利用者様が、帰りには、笑顔で"有難う、楽しかった"と言って下さいます。職員としてやりがいを感じる瞬間です。

 また、この会社は働く職員の想いを形にできる環境が整っており、研修制度が充実しています。外部への研修は勿論、内部研修も専門職が充実した内容の研修を行っており、様々な知識やスキルアップを目指すことができ、資格取得も可能です。これからも介護という仕事に誇りと喜びを感じ、仲間と共にやりがいを共有しながら働きたいと思います。