FJメディケアグループ

FJメディケアグループは、医療法人聖仁会と社会福祉法人双和会とで構成されています。

ご相談・お問い合わせ… メールでのお問い合わせ

求人情報


自立支援の取り組み

ご利用者が、尊厳あるその人らしい
当たり前の生活が送れるよう支援していきます。

オムツゼロ達成!

ガーデンハイツ春江とプライムハイツ春江でオムツゼロを達成しました。オムツゼロ達成は県内3施設のみ、うち当グループ2施設で達成しました!同じグループの特養2施設が同時にオムツゼロを達成することはとても珍しいことです。

自立支援とは?

利用者様に、自分の意志で決定できる何にも制限されない当たり前の自律した生活を取り戻して頂くため、

FJメディケアグループ全体で自立支援に向けて取り組んでおります。介護力向上講習会に参加し、全職員が講習会の竹内孝仁氏著水分、食事、排便、運動の4冊の基礎知識からなるブックレットを読みました。基礎知識を習得し、それに基づく理論と経験値をもとに自立支援に辿りつきました。

何にも制限がない当たり前の生活とは?

  • 好きなものを食べられる。
  • 自由にどこでも行ける。
  • 自由に排便が出来る。
【自立支援の4つの基本ケア】 【施設での取り組み】
水分 1日の体内の水分の出入りを考えて人は1日1500ml水分を摂取することが必要です。 水分が不足すると意識障害・発熱などの症状、10%の不足で死に至ります。 →
  • 1日 最低1500ml
  • 利用者様に合わせた水分摂取

PhotoPhoto

食事 普通の食事(ペースト状や砕いていない私たちが食べている食事 「以下常食とする」)は、 栄養値も高く、食物繊維があり、誤嚥予防などの観点からも安全です。口腔内清潔の面でも常食が最適です。 →
  • 常食になるように段階を踏む
  • 胃ろうなどでしばらく噛むことをされていなかった方に対してするめや昆布でカミカミトレーニングをして口から食事が食べるようになる

PhotoPhoto

運動 利用者様にとってもっともよい運動は歩行です。歩行は運動の基礎でもあり、歩ければオムツはいらなくなります。 歩けなくなるのは、下肢筋力の低下だけではなく歩き方を忘れるために歩けなくなるのです。(学習理論) →
  • 5秒つかまり立ちから歩行器を使用して歩行訓練の実施(毎日14:00から施設全体で歩行訓練を実施)
  • 車椅子→歩行器→シルバーカー→杖歩行を、目指していく

PhotoPhoto

排泄 排便の仕組みの理解、規則的な排便のケア、下剤の副作用を学ぶことで、オムツをはずしトイレに座っての自然排便を促していく。 また、グループ全体でおむつゼロ!を継続ていく。 →
  • トイレに座っての排便
  • 日中のオムツゼロ継続
  • 下剤ゼロを目指す
  • 排便サポートとしてグァーガムを酵素分解した食物繊維(サンファイバー)やきなこを提供する

Photo

おむつゼロを継続する理由…

自立支援を勉強し行っていく中で、ベット上でおむつ交換することは当たり前だと思っていましたが、利用者様にとっておむつ交換ほど羞恥心を無視され不快なものはないという事がわかりました。
ベッドで寝たきりになっているのが当たり前ではなく・・・
座位ができる ⇒ 便座が座ることができる ⇒ 起き上がる事で腹圧がかかり便が出やすくなる ⇒ トイレでの排便が習慣化され排便ができるようになる
・トイレで排便をすることの気持ち良さを取り戻して頂く。
・職員の介護負担が軽減され、空いた時間が利用者様とふれあう時間にあてられる。

個別ケア会議

毎週定期的に個別ケア会議を開催し、一人一人について課題ができていない場合には原因をあらゆる面から分析し、課題をクリアできた場合には、次のステップ考えての話合いを行っています。また、毎月1回3施設合同で集まって介護力向上委員会を開催し各施設の取り組みの進捗状況や問題点についての話し合いも行っています。

取り組み成果

スプリングヒルズ(ケアハウス)での取り組み

水分摂取量UPのために…

ホーム喫茶を催して、楽しく水分摂取しています。お茶と一緒におやつを提供したり、ティータイムには、紅茶、コーヒーなど日替わりの飲み物を準備したりして、ご利用者が水分を摂りやすい環境を整えています。

運動量や活動量を向上させるため、歩行訓練・パワリハを中心に運動プログラムを組み立てます。

歩行訓練

歩くことを中心に生活を組み立てます。居室から食堂へ、食堂からトイレへと生活の中で歩行を行っていただきます。普段は車椅子使用ですが、数メートルなら歩行が可能な方から歩行訓練を行い、他にも365歩のマーチに合わせて歩くことで、歩行距離を伸ばせるようにしています。また、ラジオ体操なども積極的に行っています。

ケアの質を向上させることによって、社会的・精神的・身体的な自立を支援します。

ラジオ体操

曲にあわせて歩行運動

パワリハ(パワーリハビリテーション)って何?

マシンを使ったトレーニングを行なうことで、筋力、柔軟性、バランス感覚等の能力が向上し、足の運びや姿勢が改善され、その実感や自信がさらなる意欲向上につながります。お元気な方が要介護状態になるのを防ぎ、要支援、要介護の方の介護軽減につながります。

レッグプレス

滑車リハビリ器

◇効果◇ 斜めになった腰掛に座り、足を踏み台に乗せ力を入れ踏む事により筋力維持が出来ます。

◇効果◇ 両腕の上げ下げを片方ずつする事により、腕の筋肉をほぐします。

ひまわりの丘(老人保健施設)での取り組み

M.K様自立支援の成果

H26.6 病院より入所される

Image

私たち職員は…
胃ろうの方=オムツ・経口摂取はできない・基本は居室で過ごす
と思い込んでいた。

【入所時の状態】

  • 胃ろう
  • オムツ
  • 精神的に不安定な様子みられる。
  • 夜間から朝方にかけて、オムツを触る行為見られる。
  • 夜間、不眠が数日続く。

↓

多職種共同で会議を開く

Image

【問題点に対する改善策】

  • 精神的に不安定=環境の変化によるもの(病院→施設)
    ⇒安心していただけるよう、声掛けを増やす。
  • オムツを触る=尿意や便意を感じるから、このような行動をされるのでは?
    ⇒朝、早めに離床し、トイレ誘導してみる。
  • 夜間、不眠=夜間、良眠して頂くには?
    ⇒レクリエーションや体操に参加して頂き、日中の活動量をUPさせる。

↓

改善策実施後

Image

  • 少しずつトイレでの排泄がみられるようになったため、 紙オムツ→紙パンツ→布パンツに移行していく。
  • 日中の活動量が増え、職員や他利用者様と関わる機会が増えたため、精神的に不安定な様子もみられなくなり、夜間も良眠されるようになる。

【布パンツメリット】

通気性がいい ⇒ 皮膚トラブルの軽減

フィット感がある ⇒ 不快な思いをさせない

↓

さらに…

Image

  • 他利用者様が食事をしている様子をみて、「私も食べたい!!」との訴えあったため、言語聴覚士に嚥下評価を依頼。
  • 評価の結果、経口摂取可能と判断。
    水分、お味噌汁のみ経口摂取開始。
    その後、おやつ、昼食も経口摂取可能となる。
  • 現在も、言語聴覚士による嚥下訓練をしながら、経口摂取を続行けている。

Image

入所当初は、このような笑顔が見られるなんて想像できませんでした!
ご本人様・ご家族の希望を聞きながら、試行錯誤してきて本当によかったと思います(^^)
これからも、たくさんの方を笑顔にしていけるよう、頑張っていきたいと思います!!
(担当介護職より)

上記の事例でもあがっていましたが、ひまわりの丘では、
紙オムツ⇒紙パンツ  紙パンツ⇒布パンツ  へ移行する取組を行っています。

Image

Image

現在では半数以上の方を布パンツに移行することができました!
今後の目標は、"入所者様全員を布パンツに移行"です!!
利用者様が少しでも気持ちよく過ごせるよう、
この取り組みを継続していきたいと思います(^^)

これが、自立支援の取り組みの成果です。 車椅子の方が歩行器を使用して歩く、寝たきりの方が座っていられるようになりました。ご家族からの応援のおかげで歩行訓練を行う利用者様もいらっしゃいます。 また、ご家族からはたくさんの驚きと喜びの声もお聞きすることができ、 職員一同とても嬉しく思います。 自立支援の取り組みを通じ、私たちは介護の専門性を身に付けることで、利用者様の当たり前の生活に少しでも近づけるお手伝いをさせて頂いています。4つの基本ケア・オムツゼロを継続させ、今後は入院ゼロ・下剤ゼロが目標となります。 利用者様が、尊厳あるその人らしい当たり前の生活が送れるよう支援していきます。


ふくい介護人材育成宣言事業所

ふくい女性活躍推進企業

ブログ新着

ブログ一覧をみる

理事長挨拶

理事長挨拶

詳しく見る

入居者の声

東尋坊ロイヤルハイツ入居者の声をご紹介します。

入居、リクルート、その他、お気軽にお問い合わせください。

各施設のご利用料金を詳しくご紹介します。

FJメディケア沿革

設立から現在までの、グループ全体のあゆみをご紹介します。

沿革をみる

情報公開

■社会福祉法人 双和会の決算報告

決算報告

■社会福祉法人現況報告書

社会福祉法人現況報告書

■社会福祉法人 双和会 役員報酬規程

役員報酬規程

■社会福祉法人 双和会 定款

定款

■社会福祉法人 双和会 役員名簿

役員名簿


FJメディケアグループ

医療法人 聖仁会・社会福祉法人 双和会

Copyright© 2013 - 2017 FJ Medicare. All Rights Reserved.